About
MOISSANITENOVALの
モアッサナイトについて

モアッサナイトとは、アンリ・モアッサン博士によって最初に発見された鉱物で、炭化ケイ素で構成されているダイヤモンドともキュービックジルコニアとも異なる新しい宝石です。
日本ではまだ珍しい宝石ですが、欧米ではモアッサナイトが婚約指輪に用いられるなど、その輝きは世界中に認められ始めています。

FEATUREモアッサナイトの主な特徴

  • 優れた輝き

    宝石の輝きは光の屈折率が高いほど輝きます。
    ダイヤモンドは2.42、キュービックジルコニアは2.13なのに対し、モアッサナイトは2.69と、ダイヤモンドと比較すると約10%も輝きが強いことがわかります。

  • 強い虹色の光

    宝石を光に当てた時にできる虹色の輝きは光の分散度で測ることができます。
    モアッサナイトはダイヤモンドの約2.4倍も高く、ダイヤモンドの0.044に対してモアッサナイトは0.104と高い数字を誇ります。

  • 高い耐久性

    モアッサナイトはダイヤモンドの次に硬度がある宝石で、割れや引っかき傷、摩耗に対して強い耐性があります。また、時間の経過とともに色が褪せたり変化することもありません。
    末永くお使いいただけます。

光の屈折率 光の分散 モース硬度
摩擦やひっかき傷に
対する強さ
比重
モアッサナイト 2.65-2.69 0.104 9.5 3.22
ダイヤモンド 2.42 0.044 10 3.52
ルビー 1.77 0.018 9 3.97-4.05
サファイア 1.77 0.018 9 4.0
エメラルド 1.58 0.014 7.5 2.7
キュービックジルコニア 2.13 0.060 8.5 5.8

MOISSANITENOVALで使用するモアッサナイトについて

NOVALでは、最高品質のモアッサナイトを末永く愛用していただきたいという思いから、ジュエリーに使用するモアッサナイトには一定の基準を設け、基準をクリアしたモアッサナイトのみをセッティングしています。
モアッサナイトはダイヤモンドと同様、Color,Clarity,Cutの基準を用いグレードが決まります。
NOVALのジュエリーのモアッサナイトは「D-Fカラー/VSクラス以上/Excellentカット」のものだけを使用しています。
※NOVAL Selectシリーズを除く

Color色について

無色透明に近いほどグレードが高くなります。
完全な無色となるDを基準にDからFカラーを無色としており、グレードが低くなるに従い目視でも色味が感じられるようになります。
NOVALでは最高品質となるD〜Fカラーのモアッサナイトを使用しています。

モアッサナイトのカラーについて

Clarity透明度について

内包物や傷、欠けの大きさや場所、性質などによってグレードが決まり、内包物が少ないほど透明度が高くなり良く輝くため、評価も高くなります。
NOVALのモアッサナイトは透明度の高いVSクラス以上となります。

モアッサナイトのクラリティについて

Cutカットについて

カットはモアッサナイトの特徴である輝きを決定づける最も大事な要素です。
モアッサナイトのきらめきを最大限に発揮するラウンドブリリアントカットでは、光を最も効率よく反射させるプロポーションの仕上がりによってカットグレードが評価されます。
NOVALでは最上級とされるExcellentカットのモアッサナイトを使用しています。

モアッサナイトのカットについて

※モアッサナイトのサイズ表記について
通常ダイヤモンドは大きさを測るために重さの単位としてct(カラット)で表現しますが、モアッサナイトはダイヤモンドよりも比重が軽いため、ct表記ではなく、大きさを測るためのサイズとして、mm(ミリ)で表記をしています。
NOVALでは、同サイズのダイヤモンドと比較してイメージしやすいよう、ダイヤモンドでのct換算の場合の但し書きとして商品ページ内に「●ct相当」という表記をしています。
例:「ラウンド6.5mm(1ct相当)」など

>